>

個人事業主たちでも健康診断を受診できる方法

国民健康保険組合とは

あなたは国民健康保険組合というものを知っていますか。

これは事業内容によって入る組合が異なります。
例えば、医師国民健康保険組合、歯科医師国民健康保険組合、薬剤師国民健康保険組合、建設業健康保険組合、全国土木建築国民健康保険組合など様々なジャンルの組合が存在します。
もしあなたが土木関係の事業を行っているのならば全国土木建築国民健康保険組合に加入することで健康診断を受診することが可能になります。
もし組合に加入したら、検査の一部が無料で受けられることも可能になります。
国民健康保険組合のための金額は地方ごとによって異なるためその点も頭に考慮しておいてください。
また健康保険料は収入によって増減するため、前年度の所得が高かった場合はかなりの負担金を支払うこともあります。

加入するための必要な条件

まずあなたの業種は何でしょうか。
個人事業の中でもジャンルがはっきりと決まっていますね。
実は全国国民健康保険組合に加入するとなるとかなりの条件を揃えた上で加入申込みをしないと断られることもあるのです。
例えば東京都弁護士国民健康保険組合や京都花街国民健康保険組合は地域が限定されることもあります。
法人に所属せず、生計を立てているのならば問題はありませんが、所得税の確定申告B控というものは全国国民健康保険組合に加入するのに必要な書類です。
また第一表、第二表、所得の内訳書など職業、所得に関する様式も必要です。
その職業についていることがわかる活動の証明物、市区町村の国民健康保険に加入していることの証明、国民健康保険組合に参加している同業団体の組合員証も必要です。


この記事をシェアする